ページ

2019年1月11日金曜日

1/11 1月19日・20日東京セミナー複合疾患を持つ患者指導 

臨床栄養実践協会主催、第10回東京セミナーのお知らせ。

複数の疾患を持っていても、栄養状態から観察し、評価すれば、問題点が見えてきます。是非、ご参加ください。


日時: 2019年1月19日13時~18時、1月20日9時30分~14時30分

場所: 医科歯科大学(お茶の水)

参加費:両日で会員は14000円、非会員20000円



内容: 
①複合疾患を持つ患者の栄養指導及び優先順位のつけ方
実際の栄養指導では、糖尿病、高血圧、精神疾患など複数の疾患を持ち、薬物も複数服用する人、しかも高齢、単身など重なっているものです。そうした場合、何を優先して説明すれば良いかが、効果を得る大事なキーワードになります。
主訴・食事・生活・検査・年代などから情報を考える力をのばします。


②在宅訪問における栄養介入「高齢者、摂食・嚥下障害、認知患者」

③入院患者・入居者の給食の課題と改善方法

④ブリーフセラピーに学ぶ効果的な関係づくりと指導
長野県栄養士会副会長、馬島園子先生に講演と体験学習をしていただきます。30年余も勉強されていることで、栄養指導、職場の人間関係、マネージメントにも適応できる、奥深い内容です。


申込: https://www.eiyouadc-2014.com 先のホームページの申し込みフォームからお願いいたします

納入方法:当日受付にて現金でお支払いください。


最後までお読み頂き、ありがとうございます。

0 件のコメント:

コメントを投稿