ページ

2019年2月5日火曜日

2/5 糖尿病食のチェック8か条で献立点検 解説2弾

糖尿病教育入院しても血糖値が下がらないのは、病院の献立に問題があるかも知れません。炭水化物を後食べしようにも、抑制効果のあるおかずがなければ、下がりません。2月3日の続きの解説2回目です。


■糖尿病食のチェック方法8か条
私見ですが、糖尿病食の献立をチェックする8か条を作りました。如何でしょう

□1.炭水化物が少ないおかずがない
□2.炭水化物の組合せと量が多い
□3.野菜の総量・食物繊維が少ない
□4.油脂が少ない
□5.咀嚼できる素材が少ない
□6.ラーメンライスを選ばないよう工夫
□7.しょう油・味噌料理の重複
□8.たんぱく質源が少ない


以下は、1日1600Kcal糖尿病食の1食分です
④糖尿病食、丼物
・3食丼(鶏ひき肉、卵、ほうれん草)
・トマトと玉ねぎにサラダ(50g)
・さつまいもとりんごのレモン煮(砂糖)
・豆腐のお吸い物

問題点のチェックと修正法
□1.炭水化物が少ないおかずがない
さつまいもとりんごのレモン煮は、砂糖も使い、炭水化物が多すぎ。早食いになりやすい丼物の付け合わせには不向きです。生のりんごかキウイに変更。

□2.炭水化物の組合せと量が多い
主食が丼物は、主食から食べやすいことと、早食いになり易いので、副菜に芋は使わない。

□3.野菜の総量・食物繊維が少ない
トマトとたまねぎのサラダ50g程度は少なすぎます。種類を増やして2倍量にし、すまし汁にわかめかキノコを追加。

□4.油脂が少ない
サラダの量を2倍にし、オイルも2倍にする。

総括
丼物の場合は、おかずに食物繊維とオイルを意識的に多く使うことです。


⑤主菜が煮物の糖尿病食
・ごはん
・煮物(がんも1枚、干しシイタケ、にんじん、大根、かぼちゃ、れんこん、里芋、砂糖、しょう油)
・なすの煮びたし?
・オムレツのあんかけ(ブロッコリー、片栗粉)
・福神浸け

問題点のチェックと修正法
□1.炭水化物が少ないおかずがない
主菜は量が多いので、砂糖の量が増えやすいこと、かぼちゃ、れんこん、さといも炭水化物が多すぎ。これらをいんげん、キノコ、ゴボウなど食物繊維の多い種類に変更。

□2.炭水化物の組合せと量が多い
芋、かぼちゃ、れんこんを除き、他の食材に変更。

□4.油脂が少ない
茄子の煮びたしを、炒め物、ナムル、揚げ茄子などに変更。

総括
主菜に煮物を使うと、量が多いことに伴い砂糖が増えるので、副菜レベルに減らす。あるいは副菜に油と繊維の多い料理を使うことです。


⑥魚の黄身焼き糖尿病食
・ごはん150g
・白身魚の黄身焼き(ピーマン、トマト)
・青菜のあえ物
・具だくさん汁物
・いちご230g(80Kcal相当量)

問題点のチェックと修正法
□4.油脂が少ない
総じて油脂が少なすぎです。青菜のあえ物をサラダにするか炒めるなどに変更。

□8.たんぱく質源が少ない
具だくさん汁物の具が不明ですが、魚の量が少なすぎですので、量を増やすか、あえ物をサラダにした場合は、卵を加えるなどして増やします。

総括
ネットで病院の糖尿病食のキーワードで検索した結果、バナナやパイナップルなど血糖値を上げやすい種類が多い中、血糖値が上がり難いイチゴを80Kcal相当使われており、感動しました。献立も、あとチョットの工夫で済みます。

献立チェックと修正は、できましたでしょうか?


最後まで読んで頂き、ありがとうございます。

0 件のコメント:

コメントを投稿