ページ

2019年2月6日水曜日

2/6 70歳まで生きがいをもって働ける?

70歳まで働けるとはいえ、10年後、消える職業だったり、AIに奪われるかもと、今更老婆心で書いてみました。仕事以外の生きがいを作ることを考えておくことも必要そうです。私見です。


■消滅する職業
①コンピューターで代用ができる職種は、消える?
先日、会計士曰く「年末の税務署に提出する申告が、ネットでできるし、税務署でも教えるので、相当減ってしまい大変」とのこと。コンピューターで出来るのに、高すぎますす。でも、不測の事態に対応できそうな人なので、生き残るでしょうね。

食べた料理のカロリー計算は、スマホでできます。ダイエットの方法ですら、スマホのサイトでアドバイスしています。管理栄養士は、カロリー計算をするサイトを教えるだけでよさそうです。つまり、この程度の人は、生き残れません。

②医療費軽減のなかで、減る仕事
ロキソニン(鎮痛剤)、メチコパール(ビタミンB12)は、一般のドラッグストアーで簡単に、購入できます。せっかちな私は、調剤薬局で20分待てません。説明書にある程度の説明ならネットで添付文書を自分で調べます。

医療費は、薬物の処方量を減らす、医科向け薬剤を絞るなどしないと、減りません。

最近、調剤薬局で大声でゆっくり話す薬剤師を見ました。かがみこみ、手を握り、寄り添う家族のような感じで分かるように念を押して話されていました。個々人に合わせた説明方法とコミュニュケーション力のある彼女は、70歳まで生き残る気がします。「医師の指示ですから」と突っぱねられると、相談する気になりません。

③食生活の変化により消える調理師
病院や施設の食事は、総菜、クックチル、冷凍品を再加熱するだけの方向になるかもしれません。原因は、手作りする国民が減ったため違和感がない、料理ができる調理師が少ない、委託化、材料費や人件費の節約でしょうか。

オックスフォード大学調査によれば、給食調理人は、なくなる職業に入っています。ファミレス化した料理を出す飲食店の調理師も同じです。調理師の資格だけでは、生き残れません。

素材の目利きとそれを生かす調理人がいる店は、私が住む大森でも予約が必要です。

消費者の行動変化で消える仕事
お気に入りだったデパートの衣料品店では、コーディネートセンスが良い、何でも進めない、顧客の欲しいものを察知できるなど、プロの店員がいました。今では、何でも「素敵、似合う」という店員しかいません。

最近の若者は、スタイリストが選んだ洋服やバッグなどを借りる人が急増とのこと。ファッションコーディネーター、スタイリストは、必要です。残るかもしれません?。ですが、これもAIにさせているネット販売店がありますので、それ以上の何かが必要です。1人では決めきれない、誰かに相談したいことって、たくさんあります。迷っているとき、プロのセンスで後ろを押してもらい決めたいのです。これは、AIではできません。でなければ、防犯用の店員のみしか要らなくなります。

⑤世の中の信頼関係が崩れて消える仕事
以前の大塚家具店は自宅まで来て、採寸から色までコーディネートして下さり、購入できました。来店した際に信頼関係が出来た人が訪問すること、大手と言う信頼もありました。ですが、都会の訪問販売担当の郵便局員は、信用できません。全く知らない人から急に電話をかけられたら「オレオレ詐欺」を疑います。さらに良くないのは、以前、家に何度も上がりこんだ強引な女性局員に苦い経験をしたことが、トラウマになりました。都会の訪問販売員は、いりません。不安です。

⑥管理栄養士は消える?消えない?
オックスフォード大学が出した生き残る職業の中には、教育者、クリエイティブな仕事、医師、スタイリスト、料理研究家など、100上がっています。管理栄養士・栄養士の名前もあります。

しかしながら、以下の管理栄養士は如何なもんでしょうか。在宅訪問指導で「たんぱく質と脂質が不足ですから、うどんやカレーを勧めました」は、大きな間違いです。うどんは炭水化物が主、カレーは肉をたっぷり入れない限り、炭水化物が多いのです。
別の高齢者には、1000Kcal食べているが、体重が10㎏増えたので、間食・食事も減らすように依頼され、「間食や果物、オイルを減らすようにしました」と、言ったそうですが、間違いです。1000Kcalで10㎏は増えるわけがないので、原因は病気か薬物の副作用です。

栄養診断力がないと、10年後危うくなりませんか。
生き残る仕事は、「自分にしかできないこと」ができる人です。管理栄養士なら、AI、医師、看護師、薬剤師、料理上手な主婦のいずれもができないことは、何でしょう?


70歳まで働きたい人は、考えてみてもいいかも知れません。


最後まで読んで頂き、ありがとうございます。

0 件のコメント:

コメントを投稿